静岡県のおすすめWebマガジン「静岡のすすめ」

地元ライターがおすすめする「静岡県の魅力たっぷり」Webマガジンです

静岡らしく、のんびりお届け中♪

桃源郷ならぬメロ源郷!伊豆フルーツパークの「完熟マスクメロン食べ放題」に挑戦した

by f:id:Bosssuke:20161201090935j:plain 葉っぱちゃん

f:id:Bosssuke:20170728002333j:plain

みなさんこんにちは。

おなか、空いてますか?

私は朝、目覚めたときが空腹のピークです。

毎朝、お腹が減って目が覚めるため、朝日を浴びるより先に冷蔵庫を開けます。日光浴ならぬ庫内灯浴です。

朝日を浴びることは心身の健康のためによいとされていますが、冷蔵庫の庫内灯を浴びることにはどのような効果があるのでしょうか。今後の研究が待たれるところです。

今回は、その獣のような食欲を、あるフルーツの食べ放題にぶつけてきました!グルルル〜〜ヴォッフヴォッフ!おすすめです!


それは、メロン!!

f:id:Bosssuke:20170728003225j:plain

メロン!メロン!メロン!

言わずと知れた高級フルーツの代表格!

(およそ20〜30年前)昔の結婚式には必ずメロンが出てきたことを、30代以上の皆様は覚えていらっしゃることと思います。

親戚のおじいちゃんやおばあちゃんや、知らないおじいちゃんやおばあちゃんが、「自分たちは食べないから」と、たくさんのメロンをわたしたちのテーブルに回してくれたものです。

続々と届くメロンに、「うっひゃぁおおお!メロンメロンメロンヒデブ!!」と狂喜乱舞した、あの気持ちを今こそ思い出そうではありませんか。


ここが「伊豆フルーツパーク」だよ!

f:id:Bosssuke:20170728011448j:plain

さあ、そんな興奮を思い出させてくれるのが、三島市にある「伊豆フルーツパーク」!

なんと現在、メロンの食べ放題が開催されているのです!

伊豆縦貫道の塚原インターを下りてすぐ!

観光バスもたくさんの人気スポット!


f:id:Bosssuke:20170728132722j:plain

建物の中に入ると大量のメロンが我々を迎えてくれます。

まさに、この伊豆フルーツパークの温室で育った肉厚メロン達。豊作豊作ぅ!

ちょっとお得な2玉入り5,000円もあるよ!


食べ放題券とデザート割引券

f:id:Bosssuke:20170730002342j:plain

実はメロン食べ放題は完全予約制。事前に予約して受付に向かいましょう。

食べ放題券とともにデザート50円引の券ももらえました。

私は胃袋をメロン食べ放題に捧げる身のため、券が役に立つことはありませんでしたけど。無念。


当たり前だけど持ち込みは禁止

編集長から「メロンの食べ放題に、生ハムとか持参してアレンジしてみようよ!」と聞かれたため、受付の方に確認してみたところ、「え?しょ……少々お待ちください……。(偉い人に確認後)お持ち込みはご遠慮いただきたいです」と丁重に断られました。

ですよね〜。いらん恥かいた。

旅以外の恥もかき捨てということで、さっさとメロン食べ放題が開催されている2階へと向かいましょう。


釜飯大集合!

f:id:Bosssuke:20170728134047j:plain

エスカレーターを上がると、メロンよりも衝撃の光景が!

おおお!なんだこの釜飯の数は!日本中の釜飯が一堂に会しているのか!

実は、伊豆フルーツパークさん、釜飯もとっても美味しくて有名だとか。

「メロン狩り&釜飯セットプラン」という軽くカオスなセットも用意されています。

今回は胃袋にメロン以外のものを入れるスペースがなかったため諦めましたが、いつか釜飯も食べに行きたいものです!


戦いの前の静けさ

f:id:Bosssuke:20170730002435j:plain

座席には取り皿とスプーンが用意されています。

このお皿に好きなだけメロンを取って食べていいわけですね。すぐ近くには皮を捨てるためのごみ箱も用意されています。

準備は万端。あとはメロンを待つだけ。


これが食べ放題のメロンだ!

f:id:Bosssuke:20170730002446j:plain

じゃーん!!

おっ、おお……。やや想像していたのと違いますね。

確かに大量のメロンが並んではいますが、なんか業務用感がすげぇ……。

クリーム色の入れ物がその原因だと思うのですが、逆に言えばプロフェッショナル仕様。

余計なものを極限までそぎ落とし、全ての情熱とコストをメロン本体に注ぎ込んだ結果だとも言えます。あがる!

フルーツパーク内に存在する全てのメロンを食べてやるぞー!

フルーツパークを、ただのパークにしてやるぞー!エイエイオー!


ちょっとしたご報告

とか張り切っていますが、ここで一つご報告。

実は私、果物や野菜の酵素で舌が溶けてズルズルになりやすいという意外と軟弱な体質なのです。

これは悲しい。

けれど今回は!口の中がズルズルになろうがお構いなし!討ち死に覚悟で挑みます!

骨はみなさんで拾ってください!(One for all, All for oneの精神でお願いします)

ちなみに、私と参戦する「フルーツの中で一番好きなのはメロンです」という夫は、当日の朝、次女の頭突きがクリティカルヒットし、下唇から流血。

この人も万全とは言えません。傷口、絶対ズルズルになるな、ウケる。


制限時間は60分!

60分ぶっ続けでメロンを食べたことなんて今までありません!

人生で初めての1時間をこれから体験します!

桃源郷ならぬメロ源郷が見えてしまうかもしれませんね!


メロン食べ放題!よーいスタート!

f:id:Bosssuke:20170728002333j:plain

いただきまーす!

……!!あっま!!ウッマ!!

自然とすごい笑顔になっちゃいますね。

そもそもメロンって、アタリハズレの大きい果物ですよね。

たまに大ハズレを引いちゃうと「これは瓜?」みたいな、甘みはほとんど感じられず、ほのかな酸味のある野菜とも果物ともつかないもんをショリショリと食べさせられることになります(安いメロンを買うからでしょうか?)

しかしこれは違う!これこそがメロン!

甘い〜〜、とろける〜〜、完熟〜〜!完全に熟してる~~!


f:id:Bosssuke:20170730002516j:plain

美味しいね!嬉しいね!幸せだね!おかわりおかわり!

容器が空っぽになると次々と新しいメロンが現れます。


新品メロンー!

f:id:Bosssuke:20170730002537j:plain

イケる!イケるぞ!

ズルズルにもなっていないぞ!

美味しいメロンは酵素も優しいのかもしれない!


ほい来たメロンー!

f:id:Bosssuke:20170730002606j:plain

とはしゃぎながら食べていられるのも開始20分くらいのもので、それ以降ガクンとスピードは落ちますが何とか粘ります。

美味しいんだよー、美味しいんだけどさー、唐揚げとか味噌ラーメンとか食べたいよ。。。

隙間に唐揚げ落ちてないかな?

底に味噌ラーメン敷いてないかな?

そんなこってり味への欲求にフタをし、ただひたすらにメロンを貪り続けます。


あー…また来たメロン

f:id:Bosssuke:20170730002623j:plain

うーん、メロン。

メロンしか現れないね。

咳をしてもメロン。


開始40分

f:id:Bosssuke:20170730002641j:plain

「ふうっ、ふうっ……。1時間もさ、メロンばっかり食べ続けられないよね……。網目が怖くなってきた」

手も口も、完全にストップしてしまいました。

私にできるのは虚ろな目で壁の時計を眺めることくらいです。


終了~~

f:id:Bosssuke:20170730002659j:plain

夫婦二人で食べたメロンの量がこちらです。

途中、メロン以外の幻覚に悩まされながらの戦いとなりましたが、終わってみればこの幸福感。

心も体もメロンでいっぱい。幸せすぎて何も語れません。

語ったら口からメロン出ちゃうし。

今年はもうメロン食べなくていいや。

ごちそうさまでした!げぷー。


伊豆フルーツパークの「完熟マスクメロン食べ放題」おすすめです♪

伊豆フルーツパークはその名の通り、メロンの他にも苺やみかんなど、季節のフルーツを楽しめます。

まずは夏の間に、甘くてとろけるメロンを心ゆくまで堪能してみてはいかがでしょうか?最高に美味しいですよ♪

時期やプランによって料金は異なりますが、メロン食べ放題は2,600円前後。8月以降はメロン狩りも出来ちゃうそうです!


オマケ!伊豆フルーツパーク内の施設を簡単にご紹介。

f:id:Bosssuke:20170730002714j:plain

スイーツショップです。受付でいただいた割引券はこちらのお店で使用することができます。

ソフトクリームやジュース、パティシエ手作りのケーキやドーナツの他に、美味しそうなジャムまで!


f:id:Bosssuke:20170730002732j:plain

お店の前はこの大行列です。たぶんこの画像に写っているほとんど全員の方が、あの割引券を握りしめていることでしょう。


f:id:Bosssuke:20170730002742j:plain

こちらはえびせん屋さんです。何十種類というえびせんが所狭しと並べられ、その全てが試食出来るようになっています。

これはもう「伊豆フルーツパークならびに釜飯および、えびせん公園」と呼んで差し支えないのではないでしょうか。長いけど。

甘いものを食べた後のしょっぱいもの。人の心理をよく分かっていますね。


f:id:Bosssuke:20170730002754j:plain

ドライフルーツ屋さんです。そしてまた甘いもの!エンドレス!


おすすめしたスポット



書いたひと

f:id:Bosssuke:20161201090938j:plain
葉っぱちゃん

東京NSC出身の元吉本芸人。現在は富士山の麓でのんきに燻り中。料理と食器と食品サンプルとインテリアと間取り図と村上春樹と冨樫義博が好き。美味しいもののためならばどこへでも行き、食べたいと思ったものはなんだって作ります。自分の食い意地が怖い。



三島市のおすすめ記事