静岡県のおすすめWebマガジン「静岡のすすめ」

地元ライターがおすすめする「静岡県の魅力たっぷり」Webマガジンです

静岡らしく、のんびりお届け中♪

あんことバターの相性抜群!下田・平井製菓「ハリスさんの牛乳あんパン」!

by f:id:Bosssuke:20161201090935j:plain 葉っぱちゃん

f:id:Bosssuke:20171025100923j:plain

みなさんこんにちは。

まずは確認。「あんこ」ってお好きですか? 

好きな人は、暇さえあればあんこの入った食品をムシャムシャムシャムシャムシャムシャ、「主食はあんこです」みたいな調子で摂取しまくり、今も棒羊羹を口いっぱいに頬張りながら画面をスクロールしていることでしょう。

はい!そこの「あんこ」があまり得意ではないみなさん! あなたに向けて、私は書いているのです!もちろん、「あんこ」が好きなみなさんも必見。

開港の町、下田にある平井製菓の『ハリスさんの牛乳あんパン』をご紹介します!!

このあんこのためのパン、このパンのためのあんこ。両者の絆をより強くするためのバター!最高におすすめです♪


実はわたしも……

あんこが苦手なみなさん。実は私もそうでした。 大嫌いというわけではないけれど、テーブルの上にあっても決して手を出さない食べ物、それがあんこ。

物心つく前からお世話になっている近所のおばさんは、 「あんたは小さい頃、あたしが羊羹を食べているところを、まるでゲテモノを食べてる人を見るような目で見てた」と証言します。

あー、分かる分かる。今だったらアスファルト食べてる人を見かけた時にそういう目をしますね。

でもね、年齢を重ねると味覚は変わるのです。というかストライクゾーンが広くなって、大抵何でも食べられるようになります。

もし「苦手だから…」と距離をおいているようだったら、ぜひ良いきっかけにしてください。あなたもきっと、あんこの美味しさに気づけるはずですよ! (アスファルトも)


やってきました平井製菓

f:id:Bosssuke:20171025101103j:plain

「ハリスさんの牛乳あんパン」ののぼりはためく、こちらが平井製菓さんの本店です。

昭和23年の創業から、下田の人々に親しまれてきた可愛らしい小さな和菓子屋さんです。 駅前店もありますので、お好きな方へどうぞ。


店内はこんな感じ

f:id:Bosssuke:20171025101135j:plain

ロールケーキや最中など、種類豊富なお菓子が並ぶ店内で、やはり看板商品のあんぱんには最も良いポジションが与えられています。


あれが…ハリスさんの牛乳あんパン!

f:id:Bosssuke:20171025101220j:plain

本当に大人気で、写真を撮っているそばから売れていく!店員さんも補充に大忙し。


名前の由来

f:id:Bosssuke:20171025101906j:plain

「で、さっきから言ってるハリスさんって誰?」 この人です!

この教科書で見た、初代駐日本アメリカ領事「タウンゼント・ハリス」氏です。あの日米修好通商条約の時に、ね。ほら!あの!


牛乳?

牛乳あんぱんのパッケージ横にその答えが!

「ハリスさんの牛乳あんパン」という名称は、初代米国総領事である牛乳好きのハリスさんが、日本で初めて牛乳を飲んだのがこの下田の地であることに由来

……独特!由来が独特!!

江戸時代の日本には、牛乳を飲む習慣がなかったため、ハリスさんに「牛乳を用意してもらえまセンカ?」と言われた下田の人々は、カイジのごく “ざわざわ……”としたようです。

「仕事先で牛乳を飲もうとした」……というごくプライベートな話で震撼した下田の人々よ。


言われ放題なハリスさん

f:id:Bosssuke:20171025102013j:plain

江戸時代末期に来日した、初代駐日アメリカ合衆国大使のタウンゼント・ハリスが所望した時も、「あんなものを飲んでいるから、獣のように毛深いのだ」と噂したほどである(Wikipedia)

wwwwwwハリスさん、くっそ悪口言われとるwwwwww

いやー、草生えまくりでしたね、牛だけに。

てか、言いすぎでしょ。江戸時代こわい。


ハリスさんの牛乳あんパン

f:id:Bosssuke:20171025101243j:plain

現在販売中の5種類がこちらです。

ハリスさんの牛乳あんパン、おぐらあん、こしあん、大人なあんぱん、大粒栗あんぱん。

包みの中は……


f:id:Bosssuke:20171025101256j:plain

きゅーん!キノコ型のパンたち!トッピングもそれぞれ違ってめちゃくちゃ可愛い!!

LINEスタンプとして販売したい可愛さです。


f:id:Bosssuke:20171025101329j:plain

まずは大本命、ハリスさんの牛乳あんパン

ではでは、いただきまーす!

あはっ、うまーいっ!!快楽物質がドパーッと出る味だわこれ。

キメの細やかなあんこ&しっとりパン! パンがあんこに寄り添い、あんこがパンに寄り添ってる! そしてそこにさらなる華を添えるソフトバター!

あんことパンとバターが、三位一体となって完成したこのバランス感よ! でしゃばりすぎず、引っこみすぎず。 合うー、合うよー、最高ー。企業努力が作り出した完璧な味!

トップにはスライスアーモンドがのっています。


大人なあんぱん

f:id:Bosssuke:20171025101426j:plain

こちら大人なあんぱんは、ラムレーズンと白あんの見事な競演。 ラムレーズン、美味しいですよね。大好きです。 トップにはドライレーズンがのっています。


大粒栗あんぱん

f:id:Bosssuke:20171025101440j:plain

こちらは9月から1月初旬までの季節限定商品。 大粒の栗の存在感がすごい! トップには芥子の実。


こしあん

f:id:Bosssuke:20171025101353j:plain

しっとりとした、絶妙な甘さのこしあん。 純粋にあんこの味を楽しみたい方には、このこしあんか下のおぐらあんですね。そこはお好みで。 ただほらわたしまだあんこ初心者なんで、こしあんVS粒あん論争については言及しないことにしますね。 トップは白ごま。


おぐらあん

f:id:Bosssuke:20171025101501j:plain

粒を残して炊かれたおぐらあんには、黒ゴマがトッピングされています。 粒あんの皮の感じって結構くせになりますよね。舌に触れるささやかなアクセントというか。 夜中に無性に食べたくなる味です。

「ハリスさんの牛乳あんぱん」おすすめです!

あんこ好きな方はどれを選んでも美味しく楽しく召しあがれるはずですが、やはり一番のおすすめは『ハリスさんの牛乳あんぱん』!

異国の地、日本でハリスさんが、「ミルク飲みたいデース」と言ったことで、ざわざわ……した下田。そして、「あいつマジかよ……」と疑いながらも、牛乳を探してきた下田の人々の優しさ。そんな歴史と一緒に味わうことで、より一層、あの、その……なんか……あれじゃないですかね。

あんことバターは人をダメにする禁断の味です。私の頭もバターのようにゆるゆるです。ゆるゆるの頭では、これ以上文章を書くことは不可能です。

ただ、『ハリスさんの牛乳あんぱん』は超おいしい!超おすすめであることは、もうろうとした意識の中でもハッキリしています。絶対に食べて下さい。絶対に、あの、あれです!あれ!!

そういうことでみなさんさようなら。



書いたひと

f:id:Bosssuke:20161201090938j:plain
葉っぱちゃん

東京NSC出身の元吉本芸人。現在は富士山の麓でのんきに燻り中。料理と食器と食品サンプルとインテリアと間取り図と村上春樹と冨樫義博が好き。美味しいもののためならばどこへでも行き、食べたいと思ったものはなんだって作ります。自分の食い意地が怖い。