読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静岡県のおすすめWebマガジン「静岡のすすめ」

地元ライターがおすすめする「静岡県の魅力たっぷり」Webマガジンです

ぼちぼち更新してきます(^-^)/

足湯好きもパン好きも大満足間違いなし!癒されておいしIZUら!

スポット 伊豆 伊豆市 足湯カフェ

f:id:AtoRi:20151101222826j:plain

足湯+○○って言われたら、○○に入るのって何だと思います?

足湯に入ってお湯を堪能する以外のことをするっていう発想がなかった身としては、そもそも+○○があることが新鮮だったんですが・・・

それでも+○○があるよって言われたら、和風な何かかなって。

何が入るとしても“和風”は揺るがないんじゃないか、そう思っていました。

でも、+ベーカリーなんです!! +カフェなんです!!

足湯でパンやケーキを。 コーヒーやキャラメルラテなんかをたしなむですって?

なにそれ・・・

大変興味深いではございませんか!!!

そんなわけで、「ベーカリー&テーブル 東府や」さんにおじゃましてみました!


お店に入る前から癒し発見!

f:id:AtoRi:20151101224631j:plain

駐車場に降り立った瞬間から聞こえる川のせせらぎがお出迎え。

水音にリラックス効果があるような気がするのは、やはり胎内の記憶なんかが関係しているのかなぁ。

なんて壮大なことを考えつつも景色を楽しみ、お散歩気分で歩いていくと、そこに見えたのは・・・


秘密は足元にあり

f:id:AtoRi:20151101225456j:plain

ぱっと見た感じはテラス席のお食事風景。

でも、足はお湯に浸かっているという魅惑の空間なのです。

雰囲気は和モダンかなと。


f:id:AtoRi:20151101225708j:plain

裏から見るとこんな様相。

日曜のお昼時にはきわめてにぎわっており、足湯席は満員で順番待ちでした。

足湯への期待感が増すにつれ、パンへの期待感もUP!


おいしそうなパンたち

f:id:AtoRi:20151101230112j:plain

店内に人がひしめきあっていて撮影が困難でしたが、 おいしそうで思わずきゅんとしてしまうパンもひしめきあっていました。

カレーパンなどの超人気者は、焼きあがってきてすぐに争奪戦が勃発。

私が焼きあがりに出会ったときは、みなさんの素早さに見とれているうちになくなっていました・・・残念!


This IZU LOVE バーガー

f:id:AtoRi:20151101231346j:plain f:id:AtoRi:20151101231430j:plain

伊豆の食材(シャモや野菜)をハート型のバンズがやさしく包み込んでいるという、なんともおしゃれなバーガーがすこぶるステキです。 ちなみにセットで980円。

素朴で繊細な味だ・・・!という旦那のつぶやきがきっかけとなり私は妄想モードへと旅立ったのです。

素朴で繊細そうな美男美女がLOVEバーガーを一口食べて「This IZU LOVE」って少し恥ずかしそう(←重要!)にささやくCMがあったら萌えるんじゃね? LOVEバーガーさらに話題になるんじゃね?などという思いがかけめぐる昼下がりでありました。


f:id:AtoRi:20151101233851j:plain

想像の中でハニカミ笑顔をこぼしていたイケメンに思いを馳せながらふと横を見ると、そこには満足気にバーガーをほおばる見慣れたおっさん。

現実って無慈悲。

でもご安心あれ。

一瞬すさんだ心をやさしくあたたかく癒してくれる足湯が、ここにはあるのです。


f:id:AtoRi:20151102000335j:plain

足も心も存分にぬくまるわけです。

このシステム最強や!!居ついてしまいたい!!

そんな誘惑にかられつつ、まだ浸からぬ足湯にそわそわしているお客さんのためにも席を開放したのであります。


リゾート風くつろぎ席もありました

f:id:AtoRi:20151102001311j:plain f:id:AtoRi:20151102001343j:plain

食事と足湯でぽかぽかした体をのんびりとくつろぎの姿勢でクールダウン。

アイスをオプションに・・・ これもまた至福です。

とっても充実の休日ランチタイムを過ごさせてくれた「ベーカリー&テーブル 東府や」さんに感謝!!


おいしい+足気持ちいい=極楽

足湯に浸かりながらランチしたのは初めてでしたが、予想以上によかったです。

お腹も足も心も大変満たされました。

自然に囲まれているので景色も最高。 紅葉の時期は確実にキレイです!!

そして宿泊もできるのですが、大変雰囲気のあるお宿ですよ。


おすすめしたお店


書いた人

f:id:Bosssuke:20151103082902p:plain
あとり

「あ」が夫で被写体担当。「り」が妻で文章担当。 いつもアホなことばかり言ったりしたりしている新米夫婦。 記事と家庭の崩壊を防ぐべく、力を合わせてがんばる所存。



静岡県東部のおすすめ記事