読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静岡県のおすすめWebマガジン「静岡のすすめ」

地元ライターがおすすめする「静岡県の魅力たっぷり」Webマガジンです

ぼちぼち更新してきます(^-^)/

完全図解!浜松市のゆるキャラ「出世大名家康くん」の「口」はここだ!

おもしろ 西部 浜松市

f:id:Bosssuke:20150929225610j:plain 「出世大名家康くん」と言えば、徳川家康公をモチーフにした静岡県浜松市のご当地キャラ。

浜松の特産品を身にまとい、「浜松は日本一良いとこじゃ」を口癖とするこの営業力は、さすが天下人と言えましょう。

そんな、出世大名家康くんの「口」が、かなりの方々に勘違いされているとのこと。

今回は、そんな家康くんの「口」 に迫ります。


そもそもなぜ「浜松市 = 家康公」なのか

f:id:Bosssuke:20150929225611j:plain 家康公が29歳から45歳まで17年間、住んでいた城こそ「浜松城」。つまり、家康公は浜松市民だったのです。

ちなみに「浜松城」は、「出世城」とも呼ばれるパワースポット。

理由は、徳川家ゆかりの大名が城主を務め、その後に幕府の要職についた人が多かったためとのこと。


…コネやないかッ!!


これが「出世大名 家康くん」だ

f:id:Bosssuke:20150929225612j:plain

市制100周年を記念して誕生したマスコットキャラクター「出世大名 家康くん」。

「浜松市制100周年を機に生まれ変わり、浜松を日本一元気なまちにしようと再びこの地にやって来た」という、イエス・キリストばりの復活エピソードをひっさげて爆誕。

性格は、やらまいか精神旺盛で超前向き。口癖は、「浜松は日本一良いとこじゃ」。能力は、「出世運を授けることができる 」。


その…「出世運」って…「運」っていうか…。その…コネなのでは!?


色々な表情を見せる家康くん

前世では天下人まで登り詰めた家康くんですが、その表情は多彩。100年後の我々にも愛くるしい表情を見せてくれます。


喜んだ家康くん

f:id:Bosssuke:20150929225613j:plain わーい!わーい!!


瞑想する家康くん

f:id:Bosssuke:20150929225614j:plain 無心!無心!!


驚いた家康くん

f:id:Bosssuke:20150929225615j:plain うわっ!びっくりした!!

……

………ん?


家康くんの"あれ"がッ…!

f:id:Bosssuke:20150929225615j:plain よく見ると…


f:id:Bosssuke:20150929225616j:plain …「鼻」がッ!!


f:id:Bosssuke:20150929225617j:plain 「鼻」が開いたッ…!!! ミギィィィィーーー!!!


家康くん…。きみ…出世大名 家康くん…だよね?


勘違いしていた!!

「▼」は「口」ではなく「ヒゲ」、「U」こそが「口」だったのです


ヒゲを剃って頂くとわかりやすい

こうだと思ってたけど!

f:id:Bosssuke:20150930075555j:plain


こうだった!!

f:id:Bosssuke:20150930075613j:plain

あごヤベぇ!!


ヒゲの生え方によっては…

不機嫌なようで…笑顔!!

f:id:Bosssuke:20150929230632j:plain 不機嫌なのかな?…と思ったら、そういうヒゲ!!


笑顔のようで…不機嫌!!

f:id:Bosssuke:20150929230633j:plain お!機嫌いいぞ!…と思ったら、そういうヒゲ!!


ポカンとしているようで…笑顔!

f:id:Bosssuke:20150929230631j:plain あんぐり…していると思ったら、剛毛!!


いかがでしたか?

家康くんの正しい「口」の位置、ご存知でしたか? 「▼」は、あごヒゲ、「U」こそが「口」でした。あごヤベぇ!!

勘違いしている人がいたら、教えてあげてくださいね :)


ゆるキャラグランプリ投票受付中!

そんなミステリアスな「出世大名 家康くん」は、現在「ゆるキャラグランプリの戦い」のまっただ中。 ぜひ投票をお願いいたします!出世しますよ!!(※ただコネ)

ゆるキャラRグランプリ2015で、ついに1位となりました!おめでとうございます!!


書いたひと

f:id:Bosssuke:20150808155508j:plain
内山ボススケ

静岡県在住の地元ラブな編集・ライターマン。日夜、世界中を飛び回り、静岡県の情報を集めている。痛風予備軍。やばい。ぐるなび社「みんなのごはん」でも静岡県グルメ記事を執筆中。

Twitter:@bosssuke
著書:静岡のおきて シズオカを楽しむための50のおきて




静岡県西部のおすすめ記事