読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静岡県のおすすめWebマガジン「静岡のすすめ」

地元ライターがおすすめする「静岡県の魅力たっぷり」Webマガジンです

ぼちぼち更新してきます(^-^)/

静岡のすゝめの歩み 〜2015年のふりかえり〜

ふりかえり

f:id:Bosssuke:20151228085919j:plain

2015年も数日を残すばかり…ということで2015年の「静岡のすゝめ」をふりかえります!


そもそも「静岡のすゝめ」ってなに?

「静岡県民の静岡県民による静岡県民のための静岡おすすめWebマガジン」をキャッチコピーに、静岡愛にあふれる静岡県民ライターが魅力をお届けするWebマガジンです。

ジャンルは、グルメ・スポット・変なものまで、なんでもあり。各ライターの視点で、静岡県の魅力を切り取ってお届けします。

2015年8月からスタートして、公開した記事は30。1つ1つライターが現地に赴いて書いた、心のこもった記事です。

ご覧になってないかたはぜひ!ご覧になったかたも改めて!振り返りましょう−!!



たくさん読まれた記事

3位

「今話題のハッピーグルメ弁当とは?」の回答をもって、静岡県民かを判断できるほどに有名な「お弁当どんどん」のCM(どんどん?が正解)。ただし、よく考えると「ハッピーグルメ弁当」を食べがことがないことに気づきました。静岡のすゝめの前身「いずねこ探偵社」の記事でです。


2位

ゆるキャラグランプリ優勝で話題をさらった「出世大名家康くん」。受賞後よくよく見たら、「ヤツの口はどこなんだ!?」が話題になったようで、公開直後よりも受賞後のほうが盛り上がりました。


1位

「考えたことがある!」「いや、全くない」と見事に意見が分かれたこともあってか、色々な方に紹介して頂きました。Smart NewsやGunosyでも取り上げてもらったので、いろいろな方に本マガジンを知って頂くキッカケになったようです。

ちなみに、絶対に似ています。っていうか完全一致じゃないかー!


「グルメ」で、たくさん読まれた記事

3位

富士宮のかき氷屋さん「雲上かき氷」をおすすめした記事。雲のようにフワフワとした氷と、苺をそのまま凝縮したようなソースの組み合わせはサイコーです。なんと温室完備で、冬も営業しています。秋・冬限定のさつまいものかき氷も食べに行かなきゃ!

ちなみに秋のカボチャ・マロンのかき氷は「みんなのごはん」側でも取材させて頂きました。


2位

伊豆市の「足湯カフェ Barkry&Table」をおすすめした記事。自然にかこまれたおしゃれ空間で、美味しいパンを、足湯につかりながら食べるという贅沢が味わえます。記事内には出てきませんでしたが、カレーパンがまた美味しい。これはまた別の記事でおすすめします♪


1位

沼津市のソウルフード「あんかけスパ」をおすすめした記事。かれこれ30年以上の歴史があるにも関わらず、提供店が少ないためか、「懐かしい!」「聞いたことない!」と意見が2つに分かれたようでした。ちなみに「伊太楼」ではレバカツも絶品。食べたくなってきた。


「スポット」で、たくさん読まれた記事

3位

伊豆市は修善寺の「紅葉ライトアップ@虹の郷」をおすすめした記事。幻想的な空間が360℃広がっていて、本当に素晴らしい光景でした。10日間というごく限られた期間のイベントなので、来年に向けて備えましょう!


2位

静岡市の「久能山東照宮」をおすすめした記事。パワースポットを求めつつも、のんびりとしたトーンで散歩している雰囲気が伝わってきます。記事内にはありませんが、一部の方には「とあるロボット」が奉納されていることでも有名。また改めて取材してきます♪


1位

寸又峡温泉の「夢の吊り橋」をおすすめした記事。これも恋愛パワースポットとして知られています。記事内で紹介した足湯カフェ「晴耕雨読ヴィレッジ」の姉妹店、ハンモックカフェも超気になってます。また新緑の季節に伺いたいな、と思っています :)


シリーズものの記事

ラーメンポエム

「DJヒデアキ」によって創り出された、ラーメンとポエムを融合させた新しい表現「ラーメンポエム」。そのラーメンポエムに乗せて静岡県を紹介するという斬新なシリーズ。

ほぼラーメンの内容に触れずに疾走するポエムは、読者のみならず編集部も置いてきぼりにしていきます。魅力は、近代アートのそれに近いものがあります。


静岡ハンバーガー物語

無類のハンバーガー好き「しまけん」による、静岡の本格ハンバーガーを食べ歩くシリーズ。高さ1mにもおよぶタワーバーガーは、「この後の記事どうすんのさ」という心配が頭をよぎるほどの大迫力!

これからも攻めてもらいます!


編集部おすすめの記事

「初詣に三嶋大社に行くよ!」というかたは、ぜひ♪ 残念ながら、かき氷はありませんが、紅白には出られませんが、「リーゼント餅」は盛り上がりますよ。ピリオドの向こうへ。


お年賀や帰省のお土産リクエストに悩んだら、「旭治左衛門」はいかがですか?箱もかわいいし、きっと喜ばれますよ。アゲアゲEVERY騎士。


お正月期間もやっているサウンドイルミネーション。2016/1/3日までは、掛川駅から無料送迎バスも出ています。「静岡に帰省するよ!」という方も、この機会にぜひ♪


いかがでしたか?

もともとは、「静岡県民に向けての静岡の魅力、再発見」をテーマに発信していたのですが、「元静岡県民」「観光で訪れる方」など、色々な方からリアクションを頂き、驚いています。

2016年も頑張りますので、引き続きよろしくお願いします!!


情報求ム

静岡県の「おすすめしたい!」を随時募集中です。教えてください!

いろいろ求ム

&この記事を読んでいる静岡県民ライター&ブロガー&静岡県企業の皆さん!ぜひ一緒に静岡を盛り上げていきましょう!

お問い合わせ先

Facebook
Twitter


おまけ

2015年の記事を地図にまとめました! 静岡全域を飛び回ってる感じですね!

静岡県の旅のお供に :)