読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静岡県のおすすめWebマガジン「静岡のすすめ」

地元ライターがおすすめする「静岡県の魅力たっぷり」Webマガジンです

ぼちぼち更新してきます(^-^)/

あのエキセントリックな少年も乗っていた!「沼津ナンバー」のあれこれ

おもしろ 東部 沼津市

f:id:Bosssuke:20160216231115j:plain

「最近、沼津ナンバーを見かけなくなってきたね」そんな会話をたまに耳にする。

しかし……我々はどれだけ「沼津ナンバー」のことを知っているのだろう。

「見かけなくなった」のではなく、我々が見ようとしていない……という可能性は?

「伊豆ナンバー」「富士山ナンバー」との関係は?

ヒーローの愛車が「沼津ナンバー」だったことは?

今回は、知っているようで知らない「沼津ナンバー」についてまとめてみた。


沼津ナンバーの歴史

沼津ナンバーの誕生(1977年)

f:id:Bosssuke:20160216231216j:plain

1977年5月9日に「静岡ナンバー」から独立した「沼津ナンバー」。

それまでは静岡県の車は全て「静岡ナンバー」だったのだ。

独立した沼津ナンバーのエリアは、なんと静岡県の1/3。

このイケイケな状態は約30年続いた。

AKIRAで言うなら、金田を呼び捨てにする鉄雄の勢いである。


伊豆ナンバーの登場(2006年)

f:id:Bosssuke:20160216231301j:plain

「さんをつけろよ!デコ助やろう!!」ということで、2006年10月10日「伊豆ナンバー」が登場。

伊豆っぽい市町村が続々と「伊豆ナンバー」になる中、「あれ…キミは…伊豆?…伊豆なの?」という伊豆っぽくない市町村も去って行った。


富士山ナンバーの登場(2008年)

f:id:Bosssuke:20160216231340j:plain

そして、2008年11月4日「富士山ナンバー」が登場。

まさかの「山梨との県境を越える」というウルトラCをやってのけたこのナンバー。

富士山の標高とかけた「37-76」の番号に人気が殺到したとか。


【まめ知識】富士山ナンバーの静岡・山梨の見分けかた

富士山ナンバーは、ナンバープレート上段の小さい3桁の数字で「静岡県」「山梨県」を見分けることができます。

ナンバー 車種 数字 都道府県
通常 普通車 500〜502 & 300〜302 山梨県
通常 普通車 503〜509 & 303〜309 静岡県
通常 軽自動車 580 & 380 山梨県
通常 軽自動車 581・582 & 381・382 静岡県
希望 普通車 510〜539 & 310〜339 山梨県
希望 普通車 540〜598 & 340〜398 静岡県
希望 軽自動車 583〜587 & 383〜387 山梨県
希望 軽自動車 588〜598 & 388〜398 静岡県


沼津ナンバー王国が、たった2年で・・・

このように30年間、栄華を極めた「沼津ナンバー王国」は、たった2年で勢力を失った。

これから先、街では「沼津ナンバー」を見かけることの方が少なくなるかもしれない。

ただ我々、沼津市民は、そのことを認めなければならない。

もう王国はないのだ。

もう王は飛べないのだ。

王飛べない!

オートベナイ!!


沼津市民が知っておくべき3大「沼津ナンバー」の活躍

エリアは狭くなったものの、やはり歴史ある「沼津ナンバー」。様々なメディアで活躍をしている。

知っている人も知らない人も、ぜひその「沼津ナンバー」の活躍を目に焼きつけてほしい。


その1:日産 セレナ CM「水族館飼育員編」

f:id:Bosssuke:20160216231606j:plain:w800

大きく沼津ナンバーが映し出されたこのCM。放送当時に気づいた人も多かったのではないだろうか。

放送当時は、チームいずねこでもつぶやいていた。

※ 現在リンク先に動画はありません


動画はこちら


その2:ダイハツ ミラe:S CM「日本のどこかで 新しい町」篇

f:id:Bosssuke:20160216232357j:plain:w800

瑛太氏が演じる青年が、新しい町で、新しい生き方を歩み出すというドラマのようなCM。

ひいき目があるのかもしれないが、瑛太氏よりも吹石一恵氏よりも、「沼津ナンバー」の演技に目が行ってしまう。


動画はこちら

※ 1:50ごろに登場します


その3:「エキセントリック少年ボウイ」のテーマ

f:id:Bosssuke:20160216232551j:plain:w800

伝説のテレビ番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」から生まれたヒーロー、エキセントリック少年ボウイ。

なんと、少年ボウイの乗るスーパーカー「エキセントリック号」は、沼津ナンバーだったのだ!

知らなかった人は、改めて動画を見て頂きたい。

お母さんもぜひお子様にすすめてあげてください。


動画はこちら


まとめ

  • 沼津ナンバーは、1977年5月9日に「静岡ナンバー」から独立した
  • 2006年10月10日「伊豆ナンバー」が登場するまでの約30年間、静岡東部を席巻していた
  • 2008年11月4日「富士山ナンバー」が登場して現在に至る
  • 色々なメディアで引っ張りだこ(仮)
  • あのエキセントリック少年ボウイの愛車も「沼津ナンバー」
  • 「沼津ナンバー」エリアの縮小は少し寂しい気もするが、「俺たちだけのものになったんだ」と思うと、ちょっと嬉しい。ポジティブに行こう! be 沼津ナンバー!


書いたひと

f:id:Bosssuke:20160217000432j:plain:w256
ダンボーボー

まとめっぽいことで皆さんが幸せになってくれたら…。……メロスとセリヌンゎ……ズッ友だょ……!!


この記事は「いずねこ探偵社」にて2015年4月18日に公開されたものです。


静岡県東部のおすすめ記事