読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静岡県のおすすめWebマガジン「静岡のすすめ」

地元ライターがおすすめする「静岡県の魅力たっぷり」Webマガジンです

ぼちぼち更新してきます(^-^)/

僕らのタイムマシン!いつまでも変わらない名店「大やきいも」の静岡おでん

グルメ 中部 静岡市 ソウルフード

f:id:Bosssuke:20151008235210j:plain

おでんと言えば、冬? おでんと言えば、お酒のお供?

静岡市民は、首がちぎれんばかりに左右に振るに違いありません。ブンブンブブブン!!

子供の頃、夏の暑い日、プールからの帰り道、小銭をにぎり、駄菓子屋で食べたあれが、プールで冷えた身体を暖めてくれたあれこそが「おでん」。

そう、いまは「静岡おでん」と呼ばれている、あのおでんです!・・・まぁ、冬も食べるけど。

今回は、そんな懐かしい「静岡おでん」が、昔のままの雰囲気で楽しめる名店「大やきいも」を、おすすめします :)


「大やきいも」に到着!

f:id:Bosssuke:20151008235207j:plain

静岡市は葵区にある「大やきいも」にやってきました。

ノスタルジックなこの外観、赤いのれんが目印!


f:id:Bosssuke:20151008235208j:plain

氷も、やってます!

そう!夏の風物詩、かき氷も一緒に楽しむことができるが「静岡おでん」!!


昭和の駄菓子屋さんのような店内♪

f:id:Bosssuke:20151106023548j:plain

レトロで落ち着く店内には、テーブル席のほか小上がり席も。センターの時計がかわいい!!

お店の歴史は、なんと約100年。店内の、おじいちゃん・おばあちゃんも子供のころ通ってたのでしょう。

店内を見回すと、小学生のグループがおでんを食べていたりしました。

世代を越えて愛される店「大やきいも」。


f:id:Bosssuke:20151008235215j:plain

味のある手書きポップやサインたち。

静岡おでん、かき氷、やきいも以外にもいろいろなメニューがあります。

おにぎりも、ふんわりしていて絶品です!他にも季節限定の「たけのこごはん」「きのこごはん」などもあります。取材がブレそう!!


これが大やきいもの静岡おでんだ!

f:id:Bosssuke:20151008235209j:plain

で、でたー!

これが!大やきいもの静岡おでん!!

「真っ黒い出汁」が特徴として語られますが、静岡おでんの味は極めてあっさり。いわゆる色の薄い関東・関西のおでんの方が、よっぽど濃い味です。

つぎ足し秘伝の出汁は、各具材から出た旨味がベース。お皿に取ったり、飲んだりはしないのも特徴。

そうそう、串に刺さっているのも特徴。もちろん、だし粉をかけて頂きます!!


いろいろな種類の具が!

f:id:Bosssuke:20151008235223j:plain

手書きがかわいいポップには、定番の「黒はんぺん」「牛すじ」「こんにゃく」などの他に、「白焼き」「しのだ巻き」などあまり聞かない具材も!


「静岡おでん」のタネ紹介!

白焼き

f:id:Bosssuke:20151008235219j:plain

黒はんぺんの陰に隠れていますが、これも静岡おでんでしか見かけない具材です。

スケトウダラのすり身を焼いたもので、言わば「揚げていないさつま揚げ」。

しっかり染み込んだ出汁と、もちもちっ!とした食感のコラボレーションがたまらない!!「静岡おでん初めて!」という人は、絶対食べるようにー!!


糸こんにゃく

f:id:Bosssuke:20151008235218j:plain

どうですか、この綺麗な糸こん。

糸こんの美しさを競う「ミス糸こんにゃくコンテスト」、略して「ミス糸こんコン」があったら、グランプリ間違いなし。

縦の糸はあなたー横の糸はわたし!逢うべき糸に出会えることを人は仕合わせと呼びます!!

名曲!!


しのだ巻き

f:id:Bosssuke:20151008235216j:plain

油揚げを開いて、魚のすり身が入った逸品。

「しのだ まき」とか人名のようですが、人にあらず。出汁を吸った油揚げはジューシーな包容力で、すり身を包み込みます。よくわからないけど、とにかくうまい。

ちなみに、今回のベストアクトです!!


黒はんぺん

f:id:Bosssuke:20151008235211j:plain

そろそろ、しびれを切れるころなので、キング「黒はんぺん」をご紹介。

あっさりした出汁が、黒はんぺんの魚の味・香りを一層引き立たせます。

これはまさにソウルですね。ソウルに訴えかける味。そうそうソウル。


じゃがいも

f:id:Bosssuke:20151008235214j:plain

大焼きいもに来たからには、食べないわけにはいきません。

しっかりと味が染み込んだ、ほっこりじゃがいもは、なめらかで溶けそうな舌触り。

名前に恥じぬ、素晴らしい仕上がり。餅は餅屋ですね。いもだけど。


牛すじ

f:id:Bosssuke:20151008235212j:plain

1本だけ価格の違う、エース牛すじ。

10数本あるタネの中で唯一、他の1.5倍の契約金でサインした強者です。

味はもちろん1.5倍以上。口に入れると、ホロホロとトロトロと消えていきます!

だし粉が一番活きるのがこの牛すじかな。いや、黒はんぺんか…。うーん!延長戦!!


たまご

f:id:Bosssuke:20151008235213j:plain

おでんの定番タネである、たまご。

いつも最初に玉子を頼むため『おでん玉子王子』と呼ばれたことのある、私も納得のたまご。

淡い色ですが、出汁の味は中まで染みていて最高です!

さぁ、あなたが2代目おでん玉子王子になるのだ!!


焼きいももあるよ!

f:id:Bosssuke:20151008235221j:plain

大焼きいもと言えば、当然、焼きいも。

この焼き釜に塩を敷いて、芋を焼くという変わったスタイル。

紅あずまと、安納芋を選んでいただくことができます。

できますが…まだ始まっていなかった…。記事が公開されるころには始まってるんじゃないかな…。

今度は、焼きいもを食べに来よう!


大学いもも美味しい!

f:id:Bosssuke:20151008235222j:plain

うなだれた我々に差した、一筋の光。

神の光かと思ったら、大学いもの光でした。

見目麗しい大学いもですが、味も当然おいしい。

いもが違うのだよ!いもが!!


いかがでしたか?

静岡おでんの名店「大焼きいも」を、おすすめしました。

味が美味しいのはもちろん、昔から変わらない雰囲気の店内で食べる「静岡おでん」は、どんな人をも子供の頃にタイムリープさせてくれます。

うまく行かないときも、うまく行きすぎてるときも、初心に返るのが肝心。

さぁ、大焼きいもへ行きましょう!おすすめです!


おすすめしたお店



書いたひと

f:id:Bosssuke:20150808155508j:plain
内山ボススケ

静岡県在住の地元ラブな編集・ライターマン。日夜、世界中を飛び回り、静岡県の情報を集めている。痛風予備軍。やばい。ぐるなび社「みんなのごはん」でも静岡県グルメ記事を執筆中。

Twitter:@bosssuke
著書:静岡のおきて シズオカを楽しむための50のおきて



静岡県中部のおすすめ記事