静岡のすゝめ

地元ライターがおすすめする「静岡県の魅力たっぷり」Webマガジンです

静岡らしく、のんびりお届け中♪

ライ麦パンも超おいしい!さわやか御殿場インター店で「げんこつハンバーグ」を食べてきた

by f:id:Bosssuke:20180617115349j:plain 葉っぱちゃん

f:id:Bosssuke:20180708152851j:plain

こんにちは、葉っぱです。

私には、いつか書かなければと思いつつ、記事にするのを先延ばしにしてきたお店があります。

ネットやテレビでも取り上げられまくりで、今や知らない人はいない、泣く子も黙るあのハンバーグレストラン!

さわやかー!!

菊川市で創業した「炭焼きレストランさわやか」……その最東端が、ここ御殿場にあります。

東京から一番近いさわやか、「さわやか御殿場インター店」をご紹介します♪


「さわやか」と静岡県東部住民

「炭焼きレストランさわやか」と言えば、静岡県民の誇りとまで言われる大人気店。

ただし……2015年に御殿場インター店ができるまで、静岡県東部には富士市の2店舗しかありませんでした。

つまり……西部住民ほどの情熱を持っていない……正直そこまででもない……というのが東部住民だったりします。ねえ、東部の皆さん?(え?そんなことない?)

でも、そんな「さわやかライトユーザー」の東部の民である葉っぱだからこそ、さわやか初心者の皆さんにもポイントをお伝えできるのでは、と僭越ながらも語らせていただきます。よろしくお願いします。

※ 編集長の「御殿場店って近いんですよね。そろそろ『さわやか』行っちゃってくださいよ」という無茶ブリによりお送りしております。


さわやか御殿場インター店

f:id:Bosssuke:20180708152658j:plain

やってきました「炭焼きレストランさわやか 御殿場インター店」。

2015年11月にオープンした御殿場店。3年近く経っているにもかかわらず、土日は5時間待ちなんてこともザラです。

「おいおい!ガスってんじゃねーか」とお思いの皆さま。これでもマシになったほうで、最初は店の輪郭もわからないほどでした。夏の御殿場は50%の確率でガスっております。静岡のロンドンと言えば、御殿場のことよ。


さわやか依存症?

ちなみに、なぜオープンの時期を覚えているのかというと、出産のために入院中していた私をほっぽらかして、夫が初開店に並んだ店こそが「さわやか御殿場インター店」だからなのであります。

いつもは行列にクールな姿勢の夫ですが、さわやかにだけは文句ひとつ言わずに並ぶんですよ。

さわやかのためなら水火も辞せずって顔に書いてある。

静岡県民には、こういうさわやかフリークの男性が結構います(女性にもいるとは思いますが、圧倒的に男性に多い気がする)。

なになに、どうしちゃったの?依存症?もしくはそういう呪い?定期的にさわやかのハンバーグを食べないと、何かマズイことになるの?


待ち時間を制するものは、さわやかを制す

f:id:Bosssuke:20180708152659j:plain

数年前まではタイミングが良ければ、待ち時間なしで案内してもらえることもあったのですが、それも今は昔……。

現在の…週末の…さわやかにおいて、待ち時間なしでハンバーグにありつけることなどありません。ここ御殿場店では、「5時間待ち」も珍しいことではありません。昼ごはんのつもりが夕飯になっちゃうし、夕飯のつもりは朝ごはんになっちゃうよ!(?) ハンバーグにありつく前に魂抜けちゃう人が出てもおかしくない。


その1. 開店前に並んでしまう

そう……まずは、先の先を取る「開店前に並んでしまう作戦」。1時間は並ぶことになりますが、たった1時間!たった1時間で済みます。

ということで……今回は開店1時間前の10時に前入りしました。それでも既に……3組目。

その2. 待ち時間の少ない店・時間を監視する

f:id:Bosssuke:20180708152707j:plain

最近では、この「さわやか待ち状況確認サイト」から、待ち時間をネットで確認できるようになりました。

ここから奇跡的に待ち時間のお店を探し、直行することで待ち時間を最小にすることができます

その3. 整理券をもらって周辺をブラブラして戻る

f:id:Bosssuke:20180708152703j:plain

店内で受付を済ませると、QRコードつきの整理券をもらうことができます。

そのQRコードをスマートフォンなどで読み込めば、自分の順番まで「あと〇組」と表示されます。

待ち時間そのものを短縮することはできませんが、時間を有効活用することができます。

※ 順番が近づいてきたら早めにお店に戻りましょう。呼ばれた時にいないと整理券は無効になるので :)


御殿場市民の声

建設工事が始まった時から…

「『その日に作ったハンバーグは、その日のうちお届けしたい』という美味しさへのこだわりから静岡県内にしか出店しないというのは分かるけど、立地的に御殿場店には関東からも人が押しかけるだろうし、御殿場プレミアムアウトレットに来るお客さんもいるんだから、こんな小さな敷地と店舗じゃダメだって。人が溢れるに決まってる。5階建てくらいのビル全フロアさわやかでもいいくらいだよね。さわやかは自分のことを過小評価しすぎだわ。さわやかの偉い人に教えてやりたい。」

と、夫婦でブツブツ言っていたのですが、ほらその通りになった!
そしてこれは、おそらく多くの御殿場市民が思っていたことでもあります。

夫は、「アウトレットの中にも作った方がいい。待ち時間が長くても時間潰せるし」 と申しております。どうでしょうか、さわやかさん。


店内はこんな感じ

f:id:Bosssuke:20180708152711j:plain

外観の写真から、この写真まで長かったかもしれませんが、本物の待ち時間はこんなもんじゃねーから!さわやかの待ち時間こんなもんじゃねーから!はい。

作戦は成功。11時のオープンと同時に席に案内してもらえることになりました。
梁が張りめぐらされた、ちょいと山小屋風な内装です。


f:id:Bosssuke:20180708152715j:plain

炭焼きによって大量の脂分を含んだ煙が充満するさわやか。モクモク。

それゆえ床が大変滑りやすくなっております。細心の注意を払って歩行してください。

前に踏み出した足が滑って180度開脚する人を、私は二度見たことがあります。本当に。

という文章を記憶に基づいて書いていたら、御殿場店はカーペットでした。安心してお越しください。


実は他にもメニュー色々

f:id:Bosssuke:20180708152719j:plain

基本的に「げんこつハンバーグ」一択ではあるんですが、他にも様々なメニューがあるので一応載せておきますね。


私は昔、どうしてもハンバーグの気分ではない深夜に連れてこられて雑炊を頼んだことがあります。熱かったです。


f:id:Bosssuke:20180708152723j:plain

「げんこつハンバーグ」よりも一回り小さいものが、「おにぎりハンバーグ」です。

関連性もないし「げんこつよりもおにぎりの方が小さいとは限らないよな〜」とモヤっとしていたのですが、さわやか公式サイトの「さわやか物語」という漫画(!)の中にその答えがありました。



「いつも大きな愛情で叱り、育み、生きる力を与えてくれた…父のげんこつ、母のおにぎり。父母の無償の愛を丸く大きな愛情料理に込める」だそうです!


勝手にボヤ~ンとヤンキーのこぶしを想像していてごめんなさい。合言葉は、「父のげんこつ、母のおにぎり!」SAY!


f:id:Bosssuke:20180708152726j:plain

デザートはいつも静岡産の季節の新鮮フルーツを使っています。このこだわり!地元愛!


「げんこつハンバーグ」を注文。ソースはオニオン!

f:id:Bosssuke:20180708152731j:plain

わたくし静岡東部代表の葉っぱ以外に、西部代表の友人、県外代表の友人をオブザーバーに迎えてのオーダー。

参加者全員が、迷うことなく「げんこつハンバーグ」を注文しました。
ソースは、オニオンとデミグラスが選べますが、ここでも全員がオニオンを選択。皆さまも初回で迷ったら、まず「オニオン」を!

他のお客さんもほぼ全てがハンバーグを注文しているため、
「おぉ!我々のハンバーグがやって来たぞ!」
と湧き立ったがしかし、隣のテーブルに運ばれていった、なんて赤っ恥もさわやかでは日常茶飯事です。


ランチョンマットの準備はいいかな?

f:id:Bosssuke:20180708152806j:plain

これが、アツアツに飛び散る「げんこつハンバーグ」の肉汁から身を守るためのペーパーランチョンマット。

さわやかについての情報も盛りだくさんで、とても興味深いので楽しんで読みましょう。



f:id:Bosssuke:20180708152809j:plain

かわいらしい親切さ。これも県民性ってやつなのかな、なんて軽く考えていましたが……ちょっと待って。


反抗期の中学生も、ふてぶてしいおじさんも、みんな素直にちょこんとここをつまんでハンバーグの出来上がりを待つんだろうなと思うと、このランチョンマットがかわいく親切なだけではないことを感じますね!
柔よく剛を制す。イソップ童話の「北風と太陽」の教訓のようでもあります。さわやかのランチョンマット、偉大なり!



来ました「げんこつハンバーグ」!

f:id:Bosssuke:20180708152735j:plain

まん丸いハンバーグを真ん中でカットしてくれるのですが、その中身が笑っちゃうほど真っ赤!!

表面には美味しそうな焦げ目が付いているのですが、この段階で内包されるは生肉です。

ちなみに最初から「よく焼き」も注文できます。生っぽすぎるのが苦手な方や、小さなお子様には「よく焼き」で注文するのも良いかも知れませんね。


その真っ赤な断面を下にして……

f:id:Bosssuke:20180713162202j:plain

熱々の鉄板に押し付けて

ギウゥゥゥゥ〜!!


f:id:Bosssuke:20180708152756j:plain

ちょっと位置を変えてまた

ギヴウゥゥゥゥ〜〜!!


f:id:Bosssuke:20180708152746j:plain

そんなに強く押したらハンバーグ壊れちゃう!!やめたげて!! と思ってしまうほどの力の入れようです。


f:id:Bosssuke:20180708152750j:plain

店員さん、めっちゃ力んで肩が内に入っています。



f:id:Bosssuke:20180708152756j:plain

腕のスジもこの通り。 
 でも無事!げんこつハンバーグの圧倒的防御力よ!

ふっくらと体裁を整えられ、まるで何事もなかったかのようです。
この強度がさわやか最大の特徴ではないでしょうか。



ソースをかけるか・かけないか…それが問題だ

f:id:Bosssuke:20180708152801j:plain

焼き上がったあと
店員さんに「ソースをおかけしてもよろしいですか?」と聞かれます。

まずは塩こしょうで肉の味を楽しみ、後半に自分でソースをかける「別がけ」をしたければ、
スマートに「ソースはかけなくていいです、ありがとう」
と伝えるといいでしょう。



私はオニオンソースが大好きなので、全がけです。その上から胡椒だけをガリガリするのがお気に入り。

お好きな食べ方を見つけてくださいね!


「げんこつハンバーグ」完成!

f:id:Bosssuke:20180708152814j:plain

これで「げんこつハンバーグ」が完成しました。
目でも楽しめる…これが「げんこつハンバーグ」の神髄です。

いただきまーす!


f:id:Bosssuke:20180708152818j:plain

ひゃっはー!うんまーっ!
口の中で肉が躍り出すかのような新鮮さ!
今日袋井工場から来たんだもんね!やあやあやあ、どうもどうもどうも!


ひき肉が粗く大粒なので、一般的なハンバーグを食べている時の「ミンチをよく練ってひとかたまりにしたもの」とはまるで別物です。

外側の強さとは対照的な、レアな内側のねっとり感もたまりません。
つなぎを使っていない牛肉100%ならではの美味しさです。


純粋に肉を食らっているこの感覚、我々の中の野生が目を覚まします。ガオガオ!これが数多の人々を虜にする一因なのではないかと、不肖葉っぱは考察するわけであります。
現代人、時々野生。



酸味の効いたオニオンソースが後を引き、噛み応えのある肉にもかかわらず流れるように口に運ばれていきます。 友人たちの手も止まらない!口も止まらない!歯も止まらない!唾液の分泌だって止まらない!



さわやか初体験の県外オブザーバー

f:id:Bosssuke:20180708152822j:plain


大口を開けている友人Mは岩手県出身で、このたびさわやか初体験であります!(と言っても静岡で暮らしてもう10年)
「なんだこれ、うめー!タレがうめー!」
と気に入っていただけた様子。タレ……。

とても美人なのだが、飾らなすぎる性格のせいでだんだん美人に見えなくなってくるという負の特殊効果持ち。ちなみに地元での一人称はオラ。wwwダメ、笑うwww孫悟空以外で本気で自分のことをオラと呼ぶ人間がいるなんてwww(蛇足1)


さわやかで育った静岡県西部オブザーバー

f:id:Bosssuke:20180708152826j:plain


湖西市出身の友人Aは、途中で味を変えるためにハバネロソースをかけていました。さすが西の民!

静岡県東部で「湖西市出身です」と言ってもあまりに伝わらないために「浜松出身です」と偽る日々を送っている。湖西市の名誉のために頑張ってほしい(蛇足2)。


f:id:Bosssuke:20180708152830j:plain

鉄板でいい感じに焼き目のついた野菜にも肉の旨味とソースが染みて美味しい!我々雑食ですからね、野菜も食べねば。


パンが……美味い!

f:id:Bosssuke:20180708152834j:plain

もちろん……ハンバーグとライスってすっごく合うん……ですが!ですが!この記事で強烈にお伝えしたいのが、「パンもいいよ!」ってことなのです。

なぜかやたら美味しい、さわやかのライ麦パン。なんなのこれー。

ハンバーグにはライス派なのですが、このパンが好きすぎて必ず「パンで!」と答えてしまう私。

この大絶賛を聞いて、ライスとパン両方を注文したオブザーバーの友人2人。気持ちいいほどの食い意地です。


f:id:Bosssuke:20180708152838j:plain

みなさんも是非一度食べてみてください!

単品だと237円(税込)……決して安いとは言えないけれど、私のために237円使って!ひいてはあなたのためだから!


全員ペロリと完食です

f:id:Bosssuke:20180708152843j:plain

というわけで、あっという間に完食です。ごちそうさまでした。


振り返れば、永久に途切れることのない順番待ちのお客さんがいます。
ごちそうさまのあとは長居はせずにお店を後にしましょう♪


f:id:Bosssuke:20180708152847j:plain

地味に美味しいさわやかの飴。

遠征してきた皆さんは、自慢するためのお土産に持って帰っても良いかもしれません。


さわやかの「げんこつハンバーグ」おすすめです♪

ここまでの長きにわたり読んで下さり、どうもありがとうございました。


さわやかの待ち時間に予習として50回ほど読んでいただければ、きっとあなたの順番も回ってくることでしょう。来るといいですね。


静岡県民の皆さんも、県外の皆さんも、今後とも素敵なさわやかライフをお送りください。
いつかどこかの、さわやかでお会いしましょう。さようなら。





書いたひと

f:id:Bosssuke:20180617115329j:plain
葉っぱちゃん

東京NSC出身の元吉本芸人。現在は富士山の麓でのんきに燻り中。料理と食器と食品サンプルとインテリアと間取り図と村上春樹と冨樫義博が好き。美味しいもののためならばどこへでも行き、食べたいと思ったものはなんだって作ります。自分の食い意地が怖い。